こんにちは。

ベースボールバイブルの東です。

 

今回は165センチの身長でホームランを打ってきたエスケンさんのバッティング講座です。

 

このエスケンさん、あの誰もが知っているような名門私立高校で1年生からレギュラーになった選手なんですね。しかも身長は165センチ…。そんな野球人のバッティング理論ですから、これは必見でしょう。しかも内容は『背が低くても飛距離を伸ばす!』ですからね。ぜひ、エスケンさんから学んでみて欲しいと思うんですが…

 

そもそも、飛距離を伸ばしたかったら小さい体で打球を飛ばしていた選手から聞くのが一番なんです。なぜなら、小さい選手というのは『どうしたら打球が飛ぶのか?』を真剣に考えないとどうしようもありませんから。

 

大きな体で打球を飛ばしている選手というのはね、どうやって飛ばそうと深く考えなくても飛んでいっちゃうもんなんですね。まあ、もちろん体が大きくても真剣に深く考えている選手もいますよ。でも、私の経験ではそんなに深く考えていない選手が多かった印象です。そういう選手たちと比べると、現在オリックス・バファローズで活躍している吉田正尚選手なんかは必死にバッティングのことを考えていましたし、このエスケンさんのバッティング理論を聞いていても、なるほどしっかりと自分の体で試してきたんだろうということが伝わってきました。しかも、飛ばすだけではなくてコンタクト能力を高めようとすることも忘れていませんからね。そのためのバッティングの3大要素やバットの扱い方なんかも、ぜひともあなたに聞いて欲しいと思います。

 

それでは、この教材で学べることをご覧ください。

 

 

Chapter00 / はじめに「エスケンです」

エスケンって誰?という方がほとんどかと思います・・簡単な自己紹介と、どんな順序で動画を配信しているかといった、動画の説明、私がどんな思いでこの動画を作ったのかなどをお話しさせて頂きます。

 

Chapter01-1 / バッティングの3大要素 その1「タイミング」

様々あるタイミングの取り方で、必ず共通認識としてもっておいてもらいたいスタンス幅、軸足の使い方などを紹介。同時に「これは気にしなくて良い」という無駄な意識ポイントを排除!さらに、自分の理想のトップ位置を調べる超簡単な方法もお伝えします!もうこれで打つ前に悩まない!

 

Chapter01-2 / バッティングの3大要素 その2「バットの軌道」

飛距離を伸ばすためのバット軌道とは?イチローのスイングから見る、ヘッドを長く使い、遠心力を生み出すスイングとは!また、良い例悪い例をスローモーションで解析しながら、飛距離を伸ばすための軌道、逆に飛距離が出ずにこすってしまうような軌道をイメージと実際の動きの違いも交えながら解説!

 

Chapter01-3 / バッティングの3大要素 その3「ポイント」

自分の力の伝わるシンプルなポイントを解説していきます。!実際のティーバッティングでコース別の打ち方も紹介しながら、外角低めのボールでの力強いスイングをするための練習も行っていきます。

 

Chapter02 / 飛距離アップのための10の練習方法

硬式のプレーヤーでも軟式ボールを打つ事が練習になる?テニスラケットを使った面を長く使う練習。ダウンスイングかどうかの見極めは片手でスイングした時の・・などなど飛距離アップにつながる様々なティーバッティングドリルを、各ドリルに解説を交えながらお届けします。

 

Chapter03 / 実践打撃

実践的に、ピッチャーが投げたボールを打ってみます。コースによって打ち分けを行いながら、イメージを高めるパートになります。全コースでしっかりと強い打球を飛ばすエスケンさんのスイングを後ろ横などのアングルから見てイメージを高めます!

 

Chapter04 / ホームランの後に・・

チャプター03までの練習で実際にホームランを打てるようになった「エスケンさん」が語るホームランを打った後にすべき事とは?背が低いだけにセーフティバントでしょうか?いやいや、有名私立高校で1年からレギュラーを掴んだ男のもうひとひねりした考え方をお伝えします。

 

Chapter05 / 最後に・・

自分で考え自分で実行する。野球少年と、親御さんへのエスケンさんからのメッセージ。

 

 

 

 

特定商取引法上の表記 | 個人情報保護方針 

掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

 

 

エスケンさん

仙台育英高校~東日本国際大学〜福島ホープス

身長:165cm

ポジション:セカンド

右投げ左打ち

 

宮城県出身、仙台育英高校、東日本国際大学を経て福島ホープスに1期生として入団。仙台育英高校では1年秋からレギュラー、3年生の夏の甲子園出場。東日本国際大学では1年生で公式戦デビュー。その後、福島ホープスの1期生として入団し、ジャイアンツ戦で満塁本塁打を放つなど、小さいながらも長打力のある選手として活躍。

 

 

 

 

 

 

掲載の情報・画像など、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
 
Copyright © ベースボールバイブル出版 All Rights Reserved.